海津市観光協会

岐阜県の最南端に位置し、木曽三川が流れる海津市。
四季折々の魅力がつまった海津市の魅力をご紹介します。

Blu

旬な情報をお届け ≫ 海津市って? ≫

海津市ってどんなとこ?

DJI_0016
海津市は岐阜県の最南端に位置し、西部・南部を三重県に、東部を木曽・長良川によって愛知県に隣接しています。市の中央部を流れる揖斐川以東の地域は平地が広がり、以西は養老山地とその裾野に広がる扇状地・平地からなっています。

【自然】

DJI_0020
津屋川の彼岸花

東海地方の代表的河川である木曽・長良川が東境を、揖斐川が中央部を流れ、市域内には北端を流れる大榑川、内水排水路としても持つ大江川、中江川、養老山地の水を集める津屋川が流れています。
西部には、標高500~800mの小高い山々が連なる養老山地があり、山麓には、みかん園や柿園が広がっています。気候は、冬季に伊吹おろしと呼ばれる北西風が強いものの、伊勢湾などの海洋性気候の影響を受けて概して温暖な気候です。
市内には春の花や秋の紅葉など、四季折々の美しい自然が感じられます。

※季節の花情報はこちら

【歴史】

s-D 公園 水屋
木曽三川公園センター 輪中の農家

海津市は、木曽川・長良川・揖斐川の3つの流れが集まり、頻繁に洪水が発生していました。そこで、水害から集落を守るために輪中堤を築き、屋敷の周りに石垣を積み敷地を一段と高くして家屋を建て、いざという時の避難所として水屋を設けるなど、独特な家屋構造を生み出してきました。
宝暦3年に幕府が平田靱負ら薩摩藩士に木曽川治水工事のお手伝普請を命じ、苦難の末、三川の分流工事が行われ、洪水の危険性が軽減されました。
現在、揖斐川と長良川の背割堤には、薩摩藩士が治水工事の完成直後に千本の苗を植えたものと伝えられる千本松原があります。
この宝暦治水を縁として、鹿児島県と岐阜県は全国初の姉妹県盟約を締結し、交友関係を深めています。
 この木曽三川は、明治20年、オランダの土木技師ヨハネス・デ・レーケの指導により分流麹に着手し、明治33年に分流工事が感染したことによって、いっそう安全性が高まり、農作物の収穫量が増加しました。

【特産品】

みかん01
みかんは岐阜県で唯一の産地で、「南濃みかん」として知られています。
12月に収穫されたみかんは、しばらく貯蔵されることで甘味が増す「蔵出し」を行っています。
販売の時期になると、道の駅が一面みかんで埋め尽くされるほど。
みかんの花は、市の花にもなっています。
また、県内で出荷される量の大半を占めるトマトやキュウリ、いちごなどの施設野菜のほか、県内有数の米どころとしても有名です。
 
6なまず蒲焼き
揖斐川、長良川、木曽川という3つの大河川が出会い、岐阜県内でも有数の水郷地帯である海津市。そんな海津市では、郷土料理として川魚料理が有名です。その中の一つ、平成27年に市の魚にも制定された「なまず」の蒲焼きは、そのグロテスクな容姿に似合わずたんぱくな味が多くの人から親しまれています。

※海津市のグルメ情報はこちら

【観光地】

TOPページへ