旬な情報をお届け 岐阜県は海津市観光協会

「ぐるっと360°自然の宝庫」海津市の見どころや旬な情報を発信します。

千代保稲荷神社(通称:おちょぼさん)

”おちょぼさん”の愛称で親しまれている商売繁盛の神様

0000338639.jpg
 千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ)の由緒は約一千年前の平安時代に遡ります。八幡太郎源義家の六男義隆が分家する際、森の姓を授かり、先祖の霊璽(れいじ)、宝剣、義家の肖像などを「千代、代々に保っていけ」と賜ったのが始まりと伝えられています。神社の名称も、この「千代に保て」から出ているとのことです。
 月末の夜から1日にかけてはたくさんの参拝者が訪れ、拝殿の前には身動きがとれないほどの混雑が未明から早朝まで続きます。
 名物がずらりと並ぶ参道も賑わいを見せ、川魚料理や漬物、草もち、串かつなどが勢いよく売れます。

月末の夜には、たくさんの参拝者で大変なにぎわいを見せる

千代保稲荷神社(参拝)
 伏見稲荷や豊川稲荷と並び「日本三大稲荷」の一つと紹介されることもある千代保稲荷神社。
 今から約550年ほど前の文明年間に、森八海が伊勢の方から移り住んでこの里を開き、八幡太郎源義家に由来する霊璽を祀ったのが始まりです。“おちょぼさん"の愛称で親しまれ、各地から年間200万人以上の参拝者が訪れます。商売繁盛や家内安全の神様として知られており、社殿の入り口付近で販売されている油揚げとロウソクをお供えするのが一般的で、月末の夜から1日にかけては参道に長蛇の列ができるほどです。

おちょぼさんならではの名物が軒を連ねる参道は歩く価値あり

門前町
 多くの参拝客でにぎわうおちょぼさんですが、参拝する楽しみの一つに、参道にずらりと軒を連ねる店でのショッピング、食べ歩きがあります。門前町の趣を持つこの参道は、東口から南口まで約700mあり、両側に約120件ほどの店が立ち並びます。
 海津市は岐阜県でも有数の水郷地帯。木曽三川流域で育った川魚料理が有名で、特になまずの蒲焼きは、そのグロテスクな姿からは想像もできない淡白な味わいです。他にも、大根や白菜、きゅうりなど地元の野菜を使った漬物も好評。
 どこか懐かしさも漂う参道をみたらしや串かつなどを食べながら歩いてみてはいかがでしょう。もちろん、お土産にはよもぎがたっぷり入った手作りの草もちをお忘れなく。

関連:おちょぼさんグルメ
参考:おちょぼさんパンフレット 表:PDF
   おちょぼさんパンフレット 中:PDF
   参道散策マップ:PDF
お問い合わせバナー